薬剤師×転職

病院薬剤師は給料安い?転職したら年収が100万円上がるかもです

病院薬剤師は調剤薬局やドラッグストアに比べて給料が低いと言われていますが、実際どれくらい低いのでしょう

この記事では、

  • 病院薬剤師ってやっぱり年収低いの?
  • 病院薬剤師が転職したらどれくらい年収上がるの?

こういった疑問にお答えします。

病院薬剤師が転職したらどれだけ給料がアップするのか

ここから病院薬剤師の給料と調剤薬局やドラッグストアの給料を比較していきますが、正直に言うと病院薬剤師はかなり給料安いです。病院薬剤師の活躍はもっと評価されるべきと思いますが、現状はそう上手くいっていないのです。

では、さっそく病院薬剤師の給料を比較していきましょう。

初任給で比較

薬学生就職サイトファーネットの「奨学金まるわかりガイドブック」を参考に、各業界の初任給を見てみましょう。

業界 調剤薬局 病院 ドラッグストア
基本給(平均) 270,000円 220,000円 330,000円
健康保険 13,860円 10,890円 14,850円
厚生年金 25,620円 20,130円 27,450円
雇用保険 810円 660円 900円
所得税 5,780円 4,340円 6,750円
手取り金額 223,930円 183,980円 250,050円

これは東京在住の1年目の薬剤師を例にして、業界ごとに初任給の平均を見た表となっています。

一番初任給が高いのはドラッグストアの250,050円で一番低いのは病院の183,980円で、その差は66,070円となっています。単純にこの差を12か月分で計算すると(ボーナス考慮なし)、たった一年間で792,840円もの差が出ることになります。

もちろんこれはボーナスや福利厚生などを考慮したものではないですが、同じ薬剤師なのにこれだけの差があるのは驚きですね。たった一年でこれだけの差が出るのであれば年月をかければさらに差が出る可能性だってあるでしょう。

ちなみに病院と調剤薬局の1ヶ月の給料の差は39,950円となり、12か月分となると479,400円もの差が発生します。

ボーナスを考慮してないと言っても、病院薬剤師がドラッグストアや調剤薬局に転職しただけで80万や50万円も給料が上がるなんで驚きですね。

平均年収で比較

薬剤師の「働く」を応援するメディアであるCOCO Pharmaでは各業界の平均年収は以下のようにまとめられています。

業界 平均年収
調剤薬局 450~550万
病院 約380万
ドラッグストア 500~600万

これは全て一般職の平均年収を見ています。病院薬剤師と比較すると、調剤薬局では最大170万円、ドラッグストアでは最大220万円もの差が出てきます。

先ほどの初任給で見るより差が大きくなっていますね。このことから、病院薬剤師が調剤薬局やドラッグストアに転職することで、年収は約100万円~200万円ほど上がること言えるでしょう

病院薬剤師が転職するときに気を付けること

病院薬剤師が調剤薬局やドラッグストアに転職するだけでかなりの年収アップが見込めることが分かりましたね。しかし、そこばかり見て転職してしまうと失敗するリスクが大きくなるので、以下のような項目はしっかりと調べていた方が良いです。

  • やりがいは感じられるか
  • 福利厚生は充実しているか
  • 教育環境はしっかりしているか
  • キャリアアップはできそうか

薬剤師として働く上で年収ももちろん重要ですが他の大事なことを無視しないようにしていきたいですね。

また、中には年俸制の調剤薬局などもあるみたいなので、その場の給料の上り幅だけで判断しないように注意してください。

薬剤師が転職を成功させるために、転職で失敗する原因と対策を考えてみる薬剤師の転職は何度もできるものではないので、できれば一回で終わらせたいものです。そのためにはしっかりとしたリサーチや、失敗のリスクをでき...

最後に

病院薬剤師はとてもやりがいのある素晴らしい仕事だと思います。他職種との連携や、高度な医療など病院薬剤師でしか出来ないこともたくさんあります。

しかし、生活するため、人生をより充実させるにはお金も必要です。今回紹介したように、病院薬剤師から調剤薬局やドラッグストアに転職するだけで年収が数百万も上がるのです。

もし、今生活が苦しかったり、これから結婚や出産等でお金が必要になった時は転職といった選択を取るのもいいかもしれませんね。

みなさんの薬剤師ライフがより素晴らしいものになることを願っています!

人気記事 薬剤師転職サイトはとりあえずこの3つを登録しておけば大丈夫な話
人気記事 電話よりも対面面談を行う薬剤師転職サイトを選ぶべき3つの理由

こちらの記事もオススメ